外国為替証拠金取引では、・・・

こんにちは。今日は外国為替証拠金取引では、差金決済で1日に何遍でもトレードすることができるのを利用してスキャルピングという手段を使うことが可能です。このトレード手法では一度の利益は少ないのですが、売買回数を増やしてちょっとの利益を積み重ねていくのが普通です。利益確定や損切のpipsも元から決めておきます。

外国為替証拠金取引には専門用語がいくつかありますから、FXで初めて取引をされる方はよく使われる専門用語を記憶する必要があります。FXにおけるポジションもFX投資の際に専門用語の一つとしてよく使われます。ポジションとは、直訳では「位置」という意味ですが、外国為替証拠金取引では「持ち高」のことをいいます。持ち高の意味は、通貨を持っている状態のことを指します。

FXの口座を設けるにあたって、必須のものがあります。それは本人確認のための書類です。これを提示しなければFX口座を作ることはできません。多くの場合、使われているのは運転免許証、健康保険証、パスポートの3つです。住民票の写しや印鑑登録証明書を提出するとなると、原則的に、郵送となるので、メール送信できる書類の方が便利です。

外国為替証拠金取引を本業にするのならば、本業における収入と同等の利益がFXで得られるかが問題です。本業がちゃんとあって、副業としてFXに投資しているならば、遊び気分でいられることもあって、もしかしたら本業よりも多額の金銭を稼げていた可能性もあります。しかし、FXを本業にするとなると、それなりの圧迫感があります。

FX投資をする時には、損切りが大切だとよくいわれます。損切りすることができないと高い確率で負けます。リスク管理を損切りと呼びますから、これが不可能であれば大金を失うかもしれません。初心者が失敗する理由の多くは、損切りするのが遅いからです。損切りすることを先延ばしにして大きな損害をうけるケースが多いでしょう。

FXにおけるキャピタルゲイン、インカムゲインは、キャピタルゲインが為替差益の意味で、インカムゲインはスワップポイントの意味になります。為替差益というのは、為替レートの変動によって得た利益ということです。スワップポイントとは銀行にお金を預けた時にもらえる金利に似たものになります。ただし、スワップポイントというものは投資をしたからといってもいつも利益になるものではありません。それでは、またね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です