FXのレバレッジは、いく…

皆さん、こんにちは。お元気ですか?FXのレバレッジは、いくらくらいにしておくのが良いかと言うと、経験の浅い方でしたら、2から3倍程度が妥当なところでしょう。レバレッジというものの上限は運用しているFX業者によっても別となってくるので、レバレッジを高くかけられる業者もあります。しかし、その分リスクもまた高くなるため、ほんのわずかなレートの変動でもロスカットをすぐにされてしまいます。

FXは、予め口座に入金した証拠金の数十倍の金額でトレードが実行できるレバレッジと呼ばれている仕組みがあります。レバレッジを活用すれば大きな収益を得られる場合もありますが、逆に失敗した場合は莫大な損失が出る場合があり、これが短所だと言えます。損失が証拠金を超過した場合、さらに不足した金額を支払う必要があります。

FXはレートが上昇すれば利益になり、レートが下降すれば損失となります。ですから、単純に考えるとFXで勝てる確率はどうなるかというと二分の一といえます。しかし、実際に勝てる確率はどうかというと、5パーセント~10パーセントというところでしょう。勝てる確率が低い理由として、レートの動きがない状況もあることが挙げられます。一発勝負ではなしに、継続的に利益を得られるようにFXでの立ち回りを考えてみるとなると、あらかじめシミュレーションは必須といえますし、勝つ人の多くが実行していることだと考えられます。そのためには、自動取引用のソフトを利用してバックテストを試すのが最も簡単なので、早めに導入することが儲けるためのポイントです。いくら運が良くてもそれだけでFX投資は利益を出すことはできないでしょう。そもそもFXとは、FXの仕組みをよく理解してないと続けて利益を上げることはできません。FXに関した書籍等で学んでいったり、予行練習などをして儲けを出すにはどうすればいいのかゆっくりと考えてみることが大切です。

投資というものに興味がある方が投資を始めてみたいと思った際に、株とFXのどちらを選べば良いのか迷う場合もあるでしょう。初心者のケースではFXに比べると株のほうが安心であるといったようなことが言えるかもしれません。株だったら、もし、購入時の値段より株価が下がった場合でも、プラスになるまでずっと待ち続けることもできます。今日は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です