FX投資の魅力の一つとし

こんにちは。みなさん、お元気ですか?FX投資の魅力の一つとして、レバレッジが挙げられます。レバレッジというこの言葉を直訳してみると「てこ」という意味の単語で、FX業者に取引保証金(証拠金)を預けることによって、その金額以上の売買が、できることを指します。どの程度レバレッジをかけられるかはFX業者ごとに違いがありますが、規制前と比較するとわかりますが、その倍率は下がっています。

FXのレバレッジは、いくらくらいにしておくのが良いかと言うと、ビギナーでしたら、2~3倍くらいが適当でしょう。レバレッジというものの上限は運用しているFX業者によっても異なってきますので、高いレバレッジをかけることのできる業者もあります。ただし、その分リスクもまた高くなるため、ちょっとのレート変動でもロスカットをすぐにされてしまいます。

投資というものに興味がある方が何か投資をしたいと考えた際に、株とFXのどちらを選べば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。ビギナーの方には株のほうがFXより安全であると考えられるかもしれません。株であれば、仮に、買った値段より株価が下がったとしても、いつまでもプラスになるまで待ち続けることができます。

FXには、いろんな専門の用語があります。指値や逆指値といったような言葉は、FXに限らず、株でも使います。指値注文は成行注文と比べて、計画的な取引が望めるというメリットが得られる反面、取引が成り立ちにくいという短所もあります。逆指値注文は上手に使うと、損切りが早めに行えます。

本屋に出掛けるとFXに関係する本がたくさんあり、その中にはFX投資成功者の方が出版する本もあります。数千円で買うことが出来るので、こういった書籍を何冊か手に入れて、自分なりに運用の方針を作成してみてください。運用ルールを学んでいく時には、ビギナー向けのものではなく、中、上級者向けの本を選ぶことが大切になってきます。

外国為替証拠金取引は小さい金額からやり始める事ができ、レバレッジ効果を利用すれば実際に預けているお金の何倍ものトレードができるので、スタートする前の期待感はかなり高いと思います。しかし、その分、リスクも同じくらい高いことを決して忘れないようにしたいものです。ではでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です