FXは、前もって振り込ん

こんにちは。みなさん、お元気ですか?FXは、前もって振り込んだ証拠金の数十倍の金額でトレードが行えるレバレッジというメカニズムがあります。レバレッジを用いれば高額の収益を得られる場合もありますが、逆に、失敗したケースでは莫大な損失が出る場合があり、これが欠点だと言えます。損失が証拠金を超過した場合、さらに不足した金額が請求されます。

会社で働いている人の場合、FXで一年間に20万円以上の利益が出たら税金の申告手続きが必要です。申告を怠ったことが発覚した場合、追徴課税が請求される対象となるため、忘れないで申告をしておくべきです。また、損失が出たときにも確定申告を行うことで、3年間までマイナスを繰り越し、将来の利益から埋め合わせることができます。

FXの主流は、短期トレードです。デイトレと一般的には呼ばれています。デイトレでいう「デイ」とは、日本時間でいう0時から24時とは違い、ニューヨークの時間になります。要は、世界における金融は、ニューヨークを中心に動いているというわけであります。短期トレードは価格が急激に変化する危険度が低くなりますが、その分、大きな利益も得るのが難しくなります。外国為替証拠金取引で勝つコツは前もって利益確定や損切のルールを作っておくことです。仮に、決めていないと、損益がプラスの際にどこで決済していいか判断に迷いますし、損失が発生している時には、決断ができなくなってしまって、損失が大きくなるリスクがあります。

外国為替証拠金取引を本業にするには、本業における収入と同等の利益がFXで手に入れられるかどうかです。本業がきちんと存在し、副業として、FXを行っている場合は、遊び気分でいられることもあって、もしかすると本業よりも多額の金銭を稼げていた可能性もあります。けれど、外国為替証拠金取引が本業となると、それなりの圧迫感があります。FXを行う上でスワップポイントを目的にニュージーランドドル円や豪ドル円といった高金利の通貨を保有をし続けていくこともありますが、保有後に円高が進むと手にしたスワップポイントより為替差損のほうが増えてしまう可能性があるのです。スワップポイント狙いでFX投資を行えば、利益がとっても出しやすいといわれてはいますが、損することもあるのです。それでは、今日はこの辺で!また~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です