FXでは逆張りといわれる

こんにちは。お元気ですか。FXでは逆張りといわれる投資法があります。逆張りは、一定の範囲で動くレートのレンジ相場にうってつけの手法です。トレンドライン入力後に、上値抵抗線や下値指示線に近づいたら逆張りをしてみるなどトレーダーごとに手法が違います。一つ注意点ですが、トレンド相場とはうまく連動しないので、注意が必須です。

FX投資というのは運だけでは利益を出すことはできないでしょう。そもそもFXとは、FXの仕組みをよくわかっていないと必ず継続して利益を生むことはできません。FXに関した書籍等で学んでいったり、イメージトレーニングして利益を出すには、どうすればいいのかじっくりと考えることこそ大切です。FXで利益を上げるポイントは予め利益確定や損切の規則を設定しておくことです。もしも、定めていないと、利益が出ている際にいつまでポジションを持ち続けていいか判断が遅れがちになりますし、損失が出ている場合には、ポジションを持ち続けてしまって、損失額が増大する危険性があります。

FXとは、日本の言葉でいうと外国為替証拠金取引という意味のことで、ドルとユーロなど異なった通貨同士による為替取引です。為替相場というのは、日々変動するものですが、FXはその変化を利用して通貨同士による売買を行い、為替差益を得るという、投資の方法です。ここ最近では、少額からでも始められる外貨投資法として、海外だけでなく、日本でも人気となっていますね。FXの取引スタイルは、多種多様です。スワップ派の投資家の方も多いものです。スワップ派は、短期間の売買は行わず、数ヶ月以上、長い場合は数年のポジションを維持しています。これほどの長期に渡ってポジションを保有することができれば、高金利の通貨だとスワップで非常に儲けが出るでしょう。

FXではスワップポイントという名前で呼ばれる金利のようなものを毎日受け取ることができます。この金利同士を日本のものと比べるとはるかに高いものとなっているため、スワップポイントを狙ってFX投資をやる場合も少ないとは言えません。FXは危険を理解しておけば、外貨投資のやり方としては簡単です。ではでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です