自分なりの投資スタイルを

こんばんは~。自分なりの投資スタイルを確立していて、現在の仕事と大差ない利益を上げられる自信を持っていて、不安を感じなくてもいいほどの貯蓄をしているならFX取引を本業としてもいいでしょう。ただし、本業を辞めると次の仕事探しはかなり難しくなることだけは覚悟をもっておいてくださいね。

外国為替証拠金取引を本業にする場合、本業と同程度の収入がFXで得られるかが問題です。本業がきちんとあって、副業としてFXに投資している場合は、その手軽さもあって、ひょっとすると本業よりも多くの金額を稼げていたかもしれません。しかし、FXを本業にするとなると、それなりの圧迫感があります。

FXトレードにおいては、相場が大きく変化する時間帯をきちんと把握しておくことが肝要です。代表として挙げられる例がアメリカの雇用統計が発表された後の時間帯です。その他に、アメリカのFRB理事会が終了した後もよく変化します。1日の中でみても日本、欧州、米国の主要市場の取引開始から大幅に変化する場合もあるので、市場の開始時間をきちんと認識しておくようにしてください。

FXは、日本語でいうと外国為替の証拠金取引のことで、ドルと円など、異なった通貨同士によって行う為替取引です。為替相場は1日毎に変動するものですが、FXはその動きを利用することによって通貨と通貨での売買を行い為替による差益を得る投資法です。昨今では、低収入でも始められる外貨投資法として、日本の中で人気となっていますね。

投資に興味を持っている方が何かを始めようと思ったときに、株とFXのどちらを選べば良いのか悩む場合もあるでしょう。ビギナーの方には株のほうがFXと比較すると安全であるといったようなことが言えるかもしれません。株だったら、もし、買った値段より株価が下がったとしても、何年でも利益が出るまで待ち続けることもできます。

FXならレバレッジをかけられることもあり、自らの予想とは逆に、動いたときには、損切りを余儀なくされてしまうといった事例がすごく多くあることと言えます。いっぺんに手元にあったお金が無くなる事も、多くあります。ですが、FXのほうが株よりも利益を効率よく上げることができると考えられるかもしれません。ではでは、今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です