株のデイトレードにより短・・・

皆さん、こんにちは。お元気ですか。株のデイトレードにより短い期間に大もうけできる人は確かに存在するのです。デイトレードという方法は、注文した株を持越さずに当日以内に手仕舞いしてしまうやり方なので、予測できないほどに株価が下がってしまうこともあまりなく、リスクの管理しやすいと思います。株式投資の未経験者にとっては理解が難しいことだらけに見えるのではないでしょうか。どこの証券業者を使って資金を投資すればいいのかなど、尻込みしてしまうことが多いです。誰しもが利益を得られると思って株式の売買を始めるわけですが、通算で利益を出せる人はほとんどいないでしょう。

FXトレードにて適切なエントリーポイントで入ることは、かなり重要です。ベストなエントリーポイントで入ることができれば、短時間で利益を大きく出すことも可能です。それと、仮に想定が外れた場合でも損切りの際の被害が少なく済むのです。とはいっても、100%完全なポイントは難しいので、90%ほどを目指すことがよいでしょう。

円安の意味とは、他国の通貨より円の価値が相対的に下落していることを言うのです。円安の状態がつづくと、株が上がりやすくなる傾向があるようです。輸入産業においては、輸入にかかるコストがあがってしまい減益となってしまいますが、逆に輸出企業の業績は好転することになります。自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、結果、業績の向上につながり、株価が上昇するのです。

株式投資の初心者から投資資金はいくらぐらいではじめられるのかと尋ねられれば、私は最低100万円程は用意しないと、株式投資にとりかかることは厳しいと思います。どうしてかというと、このくらいのお金があれば上場している多数の銘柄の中からお気に入りの投資先を取捨選択することができるからです。外国為替証拠金取引で使えるテクニカル指標として多くの人に用いられているのがボリンジャーバンドというものです。視覚的にトレンドの大きさとトレンドの方向が理解しやすく、トレンドが出現したらエクスパンション(バンド拡大)が始まるので、トレンドフォローの取引に向いています。その反対に、バンドの収縮はトレンドが終了する兆候として使用することができます。

これから株を始めようと思って今はバーチャルの取引により取り組んでいます。今のところ好調で、大きく勝ち越してきているのですが、いざ実際の株の取引となると簡単にいかなさそうです。とはいえ、この株のバーチャルで得た感覚を大事にして、今年中には、株の取引をしようと思っています。株式の取引には自動的に税金が控除されていく特定口座があるのに対し、FXトレードにおいては特定口座がまだ存在しないため、税務署に自分で税金を納める必要があります。しかし、計算を間違えたり、うっかり忘れたりして脱税するミスが増えています。税率が株式と同じ程になったFXでも特定口座制度の設立が期待されているのです。

FXでは、ほとんどが短期での売買だと思います。その中でも、わずかな値動きで利益を抜くデイトレードだと、一瞬の値動きにて売買を繰り返しやっていきます。儲けが少ない分、取引回数で利益を出すのと、損をなるべく小さくするために、損切りを徹底しないと儲けられないです。次回は、更に詳しく解説していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です