株式投資の未経験者にとっ・・・

皆さん、こんにちは。お元気ですか?株式投資の未経験者にとってはよく分からないことだらけと認識されているのではないでしょうか。どのような証券会社を使って投資を始めればいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。誰しもが利益を得られると思って株式投資を始めるわけですが、すべての取引で利益を出せる人は少ないでしょう。株のデイトレードにおいてわずかな期間に大もうけできる人は確かに存在します。デイトレードという方法は、注文した株を持越すことなくその日以内に、手仕舞いしてしまうやり方なので、想定しないほどに株価が落ちてしまうことも少なく、リスク管理しやすいと思います。

バイナリーオプションに投資する場合、独断のみで売買するのと、自動による売買をするのでは、どちらの方が有利だと考えられるでしょうか。独断だけで売買すると、結局、勘に頼ることが多く、成果を十分に出すのは、難しいかもしれません。データにそった自動での売買の方がよい成績が期待できると感じます。バイナリーオプションで一定の基準より高い利益を稼ぐことが出来たら、その他の金融商品同様に税金の確定申告を行うことになります。さらに、ここのところの税制改正により、取引で損失をこうむった場合には損失を繰り越しできるようになりました。どちらにしろ確定申告の日が近づいてきたら税理士に相談してみるのが一番良い方法だと思います。株の初心者の弱点は、ずばり損切りというものです。ついつい上がると信じたくて、手放さないパターンが多いです。または、損をしたくないと思い、さらに損失を拡大させてしまうケースがあるのです。絶対とか100%ということはありえないので、損失を最小限にするという事も株投資においてはすごく必要な事です。

FXで取引を始めてからは、一日に度々為替の変動を見るようになりました。株式市場とは別物であり、一定期間だけでなく、昼夜を問わず世界中で取引が行われているので、気に留めだしたらいつまでも続きますが、常に動きを確認しています。株式の取引は自動的に税金を差し引いていく特定口座が存在するのに対し、FX取引では特定口座がまだないので、自ら税務署に税金を納める必要があります。ただ、計算を間違えたり、つい忘れたりして脱税してしまう過失が増加しています。税率が株式と同じくらいになったFXでも特定口座制度設立が期待されているのです。

私は興味のある会社の株を所有しています。配当が年に一回出るのですが、配当で貰ったお金だけではなくて優待で色々なものがついてくるのが嬉しいです。中でも好きなメーカーからもらえると、もっとこのメーカーに努力して欲しいと考えます。

円安の意味とは、円の価値が他国の通貨よりも相対的に下落することを指します。一般的には円安の状態になると株が上がりやすくなっています。輸入により商売をしている企業の場合には輸入にかかるコストがあがってしまい収益減となりますが、逆に輸出企業の業績は好転することになります。自動車や機械などの日本製品の販売が上向き、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。次回をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です